複数のDVDを1枚のBD(ブルーレイディスク)にまとめることができたら・・・。その方法について詳細をまとめました。

映画、アニメ、ビデオ好きの悩みを解決



ヒッチコックの全作品集。アニメ全クールのDVD-BOX。
子供のイベントを撮りためて作ったDVD。


本棚やPCデスクに積まれていませんか?
大事なものなのに。大事なものなのに。邪魔だぁ!


アニメのDVDなんて、3クール分で20~30枚はありますからね。


DVDの山をたった1枚のディスクにまとめることができたら・・・


このサイトで、あなたの悩みを解決しちゃいましょう!


DVDをブルーレイにまとめるには?



Comic_001

DVDをブルーレイにまとめる大まかな流れを確認しましょう。

DVDをブルーレイにまとめる手順


STEP1.DVDの動画をパソコンに移す。

STEP2.パソコンで動画をまとめる

STEP3.まとめた動画をブルーレイに書き込む


この3つの手順でDVDをブルーレイをまとめることができます。


たったの3手順!
と聞くと簡単そうに聞こえますが、
なかなか一筋縄ではいかなくて、
DVDをブルーレイにまとめられない人もいます。


DVDをブルーレイにまとめられない理由



Comic02_001

ざっくり説明すると簡単なように聞こえるDVDのまとめ方ですが、
実際にやってみると、うまくいきません。


うまくいかない理由として

DVDの動画をパソコンに移す。
→DVDの動画がコピーできない

パソコンで動画をまとめる
→動画の結合やチャプターを入れることができない

まとめた動画をブルーレイに書き込む
→動画をブルーレイに入れることができない

こんなに障害があると、
DVDをまとめることなんて無理なのか・・・
と諦めてしまう人もいるでしょう。


でも、諦めないでください!
DVDをブルーレイにスッキリまとめる方法を紹介しちゃいます。

DVDをブルーレイにまとめる方法


STEP1.DVDの動画をパソコンに移す。


DVDの動画を移す方法として主流だったのが、
DVDFabやAnyDVDといった、リッピングソフトを使う方法です。
リッピングソフトを使えば、比較的短時間でDVDをコピーできましたが、
現在、リッピングソフトを使ったコピーは法律で禁止されています。


そのため、DVDをコピーする方法として注目されているのが、
キャプチャーという方法です。


キャプチャーとは、再生された動画の映像と音声を保存する方法で、
ちょうどテレビをビデオで録画する仕組みに似ています。


再生されているものを録画するため、
コピーには動画の再生時間と同じだけ時間がかかります。


また、パソコンでDVDを再生させると、
映像の再生&キャプチャーの両方の処理をパソコンが担うため、
ところどころで、コマ落ちや音飛びが発生するなど、
キャプチャーはDVDのコピー業界では評判のよくない手法でした。


違法なリッピングをして綺麗な映像をコピーするか、
画質の劣化を我慢してキャプチャーでコピーするか。


どちらかの方法しかなかったのですが、
両方のいいとこどりをする方法があるんです。


キャプチャーボードを使った方法


キャプチャーボードとは、家電DVDプレイヤーなどの映像をパソコンに取り込む機器です。
映像の再生処理は家電プレイヤーが担ってくれるので、
パソコンはキャプチャー処理だけに専念できます。


プレイヤーとパソコンで負荷を分散するため、
コマ落ちや音飛びといった画質の低下が抑えられます。


しかし、キャプチャーボードはパソコンのパーツですので、
テスクトップパソコンの中身を開けたり、
そもそも、ノートパソコンでは増設ができないなどの問題もあります。



そんな悩ましい問題を解決してくれるのが、
EasyCAP HDです。


easycapHD01


EasyCAP HDは外付けキャプチャーボードというジャンルで、
プレイヤーとはアナログ端子接続。パソコンとはUSBで接続するので、
難しくて増設ができないということもないでしょう。


さらに、EasyCAP HDはゲーム機とも接続できるので、
ゲーマーは自分の神プレイを保存できちゃいます!


DVDもゲームのプレイも保存したファイルはMPEG-2 TS(.m2ts)形式なので、
コピーした動画を分割・結合・編集をすることができます。


STEP2.パソコンで動画をまとめる


動画を単純に結合するソフトはフリーソフトでも沢山あります。
でも、DVDのようなチャプターを入れることができないと意味がありません!


だって、アニメ1クールでも12話で6時間。
これが1つの動画ファイルでチャプターがないと見づらいですよね。


あー。8話のバトルシーンをみたいなー。
なんてときに、再生プレイヤーのスライダーを細かく調整するのも手間です。
DVDをブルーレイにまとめるなら、チャプターを入れられることが必要条件でしょう。


ディスクフォージなら、動画ファイルをまとめる際にチャプターをつけることができるし、
オリジナルのメニュー画面まで作れるんです。

discforge
メニューテンプレート、フォントが多数用意されているから、
好きなモノを選んで、オリジナルメニューが作成できます。
title2

メニューに表示されるチャプター一覧はサムネイルで表示。
動画の好きなシーンを選択して、サムネイル作成するから、
分かりやすいチャプターリストが作れちゃう!

thumbnail2

こどもの成長を撮りためたDVDがあるなら、
0歳から3歳までをブルーレイにまとめて、
お宮参り、家族旅行、初めての海、などチャプターに分けておくと
すぐに見れていいですね。


当然、EasyCAP HDでコピーしたDVDの動画を結合することもできますよ。


STEP3.まとめた動画をブルーレイに書き込む



ブルーレイに動画を書き込む場合は、対応のライティングソフトが必要になります。
でも、DVDをブルーレイにまとめるためだけに、ライティングソフトを買うのももったいない気が・・・


ディスクフォージは、ブルーレイへの書き込み機能も付いているから、
別にライティングソフトを購入する必要はありません。


「EasyCAP HD&ディスクフォージ」のコンビネーションで、
DVDの山を一掃しちゃいましょう!

easycap_hd01

discforge01

このページの先頭へ